【解決】オブジェクトの回転角度をコピーしたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パスの回転角度取得 アイキャッチ図版

Illustratorで作業をしていると,適当に傾いたオブジェクトを水平または垂直にするとか,そのための角度を調べる,ということがよくあります。

やりかたを検索すると「水平垂直のガイドを作ってスナップさせながら回転するとできる」や「ものさしツールを使うと角度が情報パネルに出る」などの情報が見つかりました。

しかしそれらは結局手作業で,正しい角度がうまく取れないことが多いです。特にものさしツールは線やアンカーポイントにスナップしないので,ちゃんとできているかどうか不安になります。

一方でPhotoshopの場合は,ものさしツールで角度を計ると,カンバスの回転:角度入力 にその角度を水平垂直にする数値がセットされます(最近はもっと進化しているようですが)。Illustratorもこんなふうに動いてもらえたらありがたいですね。

そこで今回は,選択したパスを水平垂直にするための角度を,クリップボードにコピーするスクリプトを紹介します。

使いかた

まずはこちらのスクリプトをダウンロードしてください。AppleScript(scpt)とJavaScript(jsx)2つ入っていますが,Macを使用している方はAppleScript版をお勧めします。と言うのも,JavaScript版は内部機能の事情でやや使用感が劣るからです。

1つのパス全体・パスの1辺・2つのアンカーポイントのどれかを選択してスクリプトを実行すると,目的の角度がクリップボードに収まります。回転まではしないので,必要に応じて自分で操作してください。

例えばどういうときに便利なの?

配置した下絵画像が傾いているとき,簡単に角度を直せます。

画像の角度を補正する図版

ほか2つのアンカーポイントを選択して実行すれば,楕円ツールで作った円の水平・垂直を取ることができます。

円の角度を補正する図版

これでまた少し仕事が速くなりました。今日もさっさと仕事を切り上げて好きなことをしましょう!

コードはこちら

このサイトで配布しているスクリプトやその他のファイルを,無断で転載・配布・販売することを禁じます。
それらの使用により生じたあらゆる損害について,私どもは責任を負いません。
スクリプトやファイルのダウンロードを行った時点で,上記の規定に同意したとみなします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

広告

コメントを残す

*