【解決】選択したオブジェクトを一気に差し替えたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
一括置換アイキャッチ

Illustratorで作業をしていると,選択しているアイテムをまとめて別のオブジェクトに変えたくなることがあります。例えば複数のオブジェクトを後からシンボルに変換するなどです。

普通にやろうとすると,変形パネルで座標をコピーしてペーストするという動作を延々と続けることになります。これでは終わりが見えず,途方に暮れてしまいますよね。

そこで今回は,選択しているアイテムをまとめて置換するJavaScriptを紹介します。

あれ,それ見たことあるよ

そうですね,鈴木メモさんが2つのスクリプトを組み合わせて使う方法を紹介していらっしゃいます。
とても便利な方法ですが,やっぱり2回実行するより1回で済んだほうがありがたいですよね。
そんなわけで新しいJavaScriptを書きました。ダウンロードはこちらです。

使いかた

難しいことは何もありません。ただ複数のオブジェクトを選択してスクリプトを実行するだけです。
そうすると最前面にあるアイテムが,その他のアイテムの中心に複製・置換されます。もともとあった最前面のアイテムは削除されます。

ただし注意点があります。このスクリプトをアクションに登録して実行するとIllustratorがクラッシュしてしまうことがあるので,それ以外の方法で起動してください。

おすすめポイント

「最前面にあるアイテム」というのは見た目でどれなのかわからないため,意外に不便です。なのでこのスクリプトでは,整列のキーオブジェクトを置換するアイテムとして扱う機能をつけました。CS6以降であれば使えると思います。CS6より前のバージョンの場合キーオブジェクトは無視されるはずです(未検証)。

また,横書きのポイントテキストは通常だと天地センターより少し上に揃ってしまいますが,仮想ボディが天地センターになるようにしています。たくさんある四角形の中央に,それぞれテキストを配置したいときなどに活躍します。動作イメージは以下です。



なんとも素早い!

これでまた少し仕事が速くなりました。今日もさっさと仕事を切り上げて好きなことをしましょう!

コードはこちら

このサイトで配布しているスクリプトやその他のファイルを,無断で転載・配布・販売することを禁じます。
それらの使用により生じたあらゆる損害について,私どもは責任を負いません。
スクリプトやファイルのダウンロードを行った時点で,上記の規定に同意したとみなします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

広告

コメントを残す

*