【解決】Photoshopで画像を適当にガサッと切り出したい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
画像切り出しアイキャッチ図版

教科書や学習参考書などの教材図版を制作していると,購入者がWordなどで使うための図版画像を作るという作業がよくあります。

Illustratorデータをそのまま画像化するだけなら簡単なのですが,「InDesign上で文字を入れているから組版のPDFから図版を切り出してくれ」なんて言われることもしばしば。

そうなるとPDFをPhotoshopで開き,図版の部分を選択してコピー,新規ファイルを作ってペースト,という作業を何回も何回もやる羽目になります。あっという間に腱鞘炎になってしまいますね。

そこで今回は,Photoshopのパスで囲んだ領域を新規ドキュメントとして切り出すJavaScriptを紹介します。

そういう機能なかったっけ?

実は似たような機能は下記のように結構あります。

  • ファイル:自動処理:角度補正して切り抜き
  • スライス
  • 画像アセット

私の場合は,領域が自動判別で不安定,CMYKで保存できない,レイヤー分けが必要,などの理由でしっくりきませんでした。自分で大雑把に領域を指定して,それを切り出すだけで良いならこのスクリプトを使いましょう。

準備

こちらのスクリプトをダウンロードし,スクリプトフォルダに入れる,ショートカットを割り当てるなどして使えるようにしておいてください。

スクリプトのjsxファイルを,Photoshopのアイコンにドロップするだけでも実行はできます。滅多に使わないならこれで十分ですね。

使用方法

画像をPhotoshopで開き,長方形ツールに持ち替えてください。メニューバーの下にあるアプリケーションバーにパスと出ていたら次に進みます。シェイプまたはピクセルと出ている方はパスに変更してください。

長方形ツール パスにする図版

ドラッグして切り出したい領域を囲みます。領域は重なっていても大丈夫です。特にオプションやシフトなどのキーを押す必要もありません。

切り出すエリアをドラッグで指定する図版

スクリプトを実行すると,囲んだ領域が別ドキュメントとして切り出されます。まだこの時点では保存されませんので,画像の補正や保存などを自分で実行してください。

切り出し後イメージ図版

あっという間に分かれます!

これでまた少し仕事が速くなりました。今日もさっさと仕事を切り上げて好きなことをしましょう!

コードはこちら

このサイトで配布しているスクリプトやその他のファイルを,無断で転載・配布・販売することを禁じます。
それらの使用により生じたあらゆる損害について,私どもは責任を負いません。
スクリプトやファイルのダウンロードを行った時点で,上記の規定に同意したとみなします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

広告

コメントを残す

*