【解決】Chrome翻訳の言語をショートカットで切り替えたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Chrome翻訳言語トグルスクリプト アイキャッチ図版

Google Chromeでは,内容を丸ごと翻訳しながらページを開けます。英語で書かれたWebサイトを日本語で読みたいときに便利です。

ページ内の見ている部分その場で原文と日本語訳を切り替えられるので,視点が迷子になりません。両方の言語を行ったり来たりしやすく,理解が早くなります。

ところが言語を変えるには,小さな翻訳アイコンをクリックして,出てきたウインドウ上でさらに英語・日本語などを選ぶ必要があります。何回も繰り返すのはきついですね。

そこで今回は,Chrome翻訳の言語を交互に切り替える(トグルする)スクリプトを紹介します。Keyboard Maestroでスクリプトにショートカットを割り振り,キーボード操作を実現する作戦です。

今回はmacOS専用です。Windowsユーザーのかたはすみません。

本質的な部分はAppleScriptなので,Keyboard MaestroはBetterTouchToolやAlfredなど別のアプリで代替できます。

あらましを教えて

Google Chromeで,翻訳の言語を交互に切り替える(トグルする)スクリプトです。AppleScriptを使い,GUIのアイコンやボタン要素を自動的に押して動作を実現します。

仕組みの都合上,macOSやGoogle Chromeの仕様変更によりすぐ動かなくなります。適宜修正してご使用ください。

Keyboard Maestro用マクロや,スクリプトファイルはこちらからダウンロードできます。

どうやってインストールするの?

もしあなたがKeyboard Maestroを使っている場合,ダウンロードしたファイルのうち「Toggle Translate.kmmacros」をFinderで開いてください。Keyboard Maestroが開き,自動でインストールされます。「Toggle Translate.scpt」はなくてもかまいません。

マクロは,マクログループ「[sttk3] Chrome」の中です。最初は無効になっているので,メニューの View > Enable Macro などで有効化してください。初期設定では control+T のショートカットがついています。

Toggle Translateマクロの見た目画像

BetterTouchToolやAlfredでは?

AppleScriptを実行するアクションにコードをコピペするか,スクリプトファイルを指定するだけです。ぜひいつものようにアクションとショートカットを設定してください。

使いかたは?

Google Chromeが前面にある状態でスクリプトを実行するだけです。翻訳アイコンが現れているページなら,自動的にそれを探し出して操作します。

ただのmacじゃできないの?

一応Automatorのクイックアクションを作ることで実現できます。しかしセキュリティが厳しく,クイックアクションに直接AppleScriptを書いても実行できません。

もしどうしても作りたい場合,次の構造にしてください。

  1. AppleScriptをアプリとして保存する
  2. クイックアクションで1のアプリを開く

作ったクイックアクション(サービス)のショートカットは,次の場所で設定します。

システム環境設定 > キーボード > ショートカット > サービス

クイックアクションにショートカットを設定する画面の画像

これでまた少し仕事が速くなりました。今日もさっさと仕事を切り上げて好きなことをしましょう!

コードはこちら。

 

このサイトで配布しているスクリプトやその他のファイルを,無断で転載・配布・販売することを禁じます。
それらの使用により生じたあらゆる損害について,私どもは責任を負いません。
スクリプトやファイルのダウンロードを行った時点で,上記の規定に同意したとみなします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

広告

コメントを残す