AreaZoom for Figma アイキャッチ図版

macOS版のFigmaデスクトップアプリでは,command+space+スクロールで画面表示の拡大・縮小ができます。しかし普段からAdobeアプリを使用しているかたは,command+space+範囲ドラッグで指定位置を拡大するくせがついていることでしょう。

Figmaでも一応その操作でズームできるときもあるのですが,タイミングがずれると発動しなかったり,何か別の機能になっていたりします。不安定で頼れません。

幸いなことに,Zキーを押しながらドラッグをすると安定して範囲ズームが可能です。つまり,Karabiner-Elementsなどのアプリを使ってcommand+spaceをZキーに変換すれば,目的の動作を実現できるわけです。

そこで今回は Karabiner-Elementsを使い,Figmaデスクトップアプリでcommand+space+ドラッグの範囲ズームを使えるようにする方法 を紹介します。

続きを読む