スクリプト

【解決】縦組み/横組みをショートカット1つで切り替えたい!

文字組み方向アイキャッチ図版

Illustratorのテキストは,メニューの 書式:組み方向 で縦組み/横組みを変更することができます。

初期設定ではこの機能にキーボードショートカットが割り当てられていませんが,編集:キーボードショートカット で新たなキーを設定すれば一瞬で呼び出せるようになります。とっても簡単ですね。

でもこれだと,縦組みと横組みでそれぞれ1つずつキー割当が必要です。ショートカットを山ほど作っている皆さんならきっと,打ちやすく覚えやすいキーが枯渇して悩んでいることでしょう。

そこで今回は,選択しているテキストの組み方向を交互に切り替えるJavaScriptを紹介します。

続きを読む

【解決】Illustrator CS6以降でもかなキーで再変換したい!

再変換実行イメージ画像

Illustratorの過去のバージョンでは,確定済みの文字を選択してかなキーを素早く2回打つと再変換できました(Macの標準文字入力機能の場合)。

しかしいつの間にか(おそらくCS6から)それができなくなり,Adobe社も「現時点では,この問題を解決する方法はありません」とのコメントを出しています。

ただこれはCS6の話なので,後のバージョンでは直っているだろうと思っていたのですが,CCを使ってみたらまだそのままでしたね。

そこで今回は,AppleScriptとKarabinerの組み合わせで,かなキー2回打ちの再変換を使えるようにします。なお,この記事は以下の条件にあてはまる方が対象です。

  • Macユーザ
  • Illustrator CS6以降を使っている
  • 標準文字入力機能(IME,旧ことえり)やGoogle 日本語入力など,ATOK以外の文字入力機能を使っている

ATOKの場合は特別なことをしなくてもショートカットによる再変換ができるので,何も工夫はいりません。

続きを読む

【解決】スタイルにショートカットを割り当てたい!

スタイルショートカット適用アイキャッチ図版

Illustratorには文字スタイル・段落スタイル・グラフィックスタイルという3つのスタイル機能があります。

それぞれあらかじめ書式や色などを定義しておいて,それをオブジェクトに適用すると決めた通りの設定に変わるというものです。

ただ単に見た目を楽に統一できるだけではありません。スタイルの設定を上書きすれば,そのスタイルが割り当てられているすべてのオブジェクトで同じように変更されるという特徴もあり,後からの修正にとても強くなります。

そんな強力なスタイル機能ですが,Illustratorではキーボードショートカットを割り当てることができません。「InDesignならできるんだからIllustratorもがんばってよ」と言いたくなってしまいますよね。

そこで今回は,JavaScriptスクリプトにショートカットを割り当てるソフトの組み合わせで,文字・段落・グラフィックスタイルのショートカットを使えるようにします。

続きを読む

【遊び】スクリプトで塗りアピアランスを追加したい!

アピアランスのスクリプト アイキャッチ

Illustratorのアピアランス機能は,修正しやすく再利用も簡単なデータを作るのに欠かせないものになっています。
あまり詳しくない方でも,文字に白フチをつけたり,線路の点線を作ったりするのに使ったことがあるのではないでしょうか。

そんな当たり前のように使うアピアランス機能ですが,残念ながら基本的にはスクリプトで操作することができません。

一応applyEffect()というメソッドを使えば,スクリプトによってアピアランス効果を追加できるものの,その効果はオブジェクトの末尾に加わるだけの素朴な結果になります。
きっと塗りや線の効果を使いこなしているあなたには不満が残りますよね。

そこで今回は,FXGファイルを使ってアピアランスを操作する方法を紹介します。
ただしこの方法はあまり実用性がないので,あくまでもお遊びとして見てみてください。

続きを読む

【解決】グラフを正確な寸法で作る準備が面倒くさい!

グラフ準備スクリプトアイキャッチ

前の記事【解決】Illustratorのグラフを正確なサイズで作りたい!によって,グラフを思った通りの大きさで作れるようになりました。

やりかたを簡単に要約すると次のようになります。

  • 何も選択していない状態で線幅を2ptにセットしてから,ダイアログでサイズを指定する
  • 円グラフ・レーダーチャートの場合は,線幅を2ptにセットし目的のサイズ ×(1 ÷ 0.875)の数値をダイアログに入力する

しかしこれは,言うは易く行うは難しというものです。線幅がmm単位の場合は毎回“2pt”と入力しなければいけませんし,サイズは式を入力して値を算出する必要があります。こんなことでは文字を打つだけで日が暮れてしまいますね。

そこで今回は,AppleScriptでこの動作を簡単にする方法を紹介します。Windowsを使っている方は直接同じことはできませんが,似たような方法で実現できると思いますので参考にしてみてください。

続きを読む

【解決】選択したオブジェクトを一気に差し替えたい!

一括置換アイキャッチ

Illustratorで作業をしていると,選択しているアイテムをまとめて別のオブジェクトに変えたくなることがあります。例えば複数のオブジェクトを後からシンボルに変換するなどです。

普通にやろうとすると,変形パネルで座標をコピーしてペーストするという動作を延々と続けることになります。これでは終わりが見えず,途方に暮れてしまいますよね。

そこで今回は,選択しているアイテムをまとめて置換するJavaScriptを紹介します。

続きを読む

【解決】クリックポストの半角全角変換を簡単にしたい!

クリックポスト半角全角置換の図版

近ごろはインターネットの進歩により,データのみの取引も増えてきました。しかしフリーランスのデザイナーやイラストレーターをしている方なら,今なお作品ファイルなどを郵送する機会が多いのではないでしょうか。

私もそのようなフリーランサーの一人で,よくクリックポストという郵便サービスを使って荷物を発送しています。

使い方は以下のような流れです。

  1. Web上のフォームで宛名などを入力
  2. それでできるPDFを印刷して封筒に貼る
  3. 郵便ポストに投函する

宛先を手書きしなくて済むために書き損じが減り,たいへん助かっています。
ただこのサービス,住所の中に半角文字が入っているとエラーで止まるという重大な欠点があります。「それじゃ住所のコピー&ペーストができないよ!」なんて腹が立ってきますよね。

そこで今回は,Safariで選択している住所を,全角に変換してからクリップボードに収めるAutomatorサービスを紹介します。

続きを読む

【解決】スクリプトでのアクション動的生成を簡単にしたい!

スクリプト即時生成アイキャッチ

Illustratorには,手動では使えるもののスクリプトだとコントロールできない機能がたくさんあります。例えば「ブレンド」「段組設定」などですね。

それらを自由に操作するため先人たちは,アクションのソースコードをスクリプトで即時生成・編集して実行する,という技を編み出しました。

でもその技術を使うにはそれなりの知識を持っている必要があります。また,相応の知識を持っていても実際に使おうとすると結構面倒そうです。「これなら諦めて手作業にしたほうが速いかな」なんて予感がよぎり,憂鬱になってしまいますよね。

そこで今回はアクションの即時生成と実行をサポートするJavaScriptのfunctionを紹介します。コピー&ペーストで使えることを目標に書いていますので,読んだ後はある程度簡単に即時生成をコントロールできるようになると思いますよ。
なおスクリプトを書かない方は,読んでもまったく理解できないと思いますのでご注意ください。

続きを読む

【解決】Illustratorの線をクローズパスで切り抜きたい!

線の切り抜きアイキャッチ

Illustratorを使っていると,特定の領域からはみ出た線を削除したくなることがあります(マスクで隠すのではなく)。そういうときにはパスファインダを使うと速いのですが,いざやってみると不要な部分を自分で選択して消すなど地道な作業をしなければなりません。
これってかなり面倒ですよね。

そこで今回はオープンパスを一瞬で切り抜く驚きの方法を紹介します。

続きを読む

【解決】jsxファイルってQuick Lookできないの?

jsxのアイコンがプレビューに変わる

IllustratorやPhotoshopなどで使う拡張子jsxのスクリプト,AdobeのExtendScriptの話です。

このファイルはQuick Lookを使ってもアイコンが表示されるだけで,中身のテキストを確認することができません。スクリプトを書いていると,「あれ,この処理どっかで書いたな。検索しよ」ってことがよくありますよね。でも検索で出てきたファイルをいちいち開かないといけないのが面倒です。今回はこれを「タイプコード変更」で簡単に解決します。

続きを読む